岩手・高橋宏彰

24才の時に、旅先で備前焼の作家と知り合ったことをきっかけに焼き物の世界に
石川県の職業訓練校にて九谷焼を学んだ後、正木春蔵氏に師事
2012年岩手に自らの工房を設立。染付、色絵の磁器の製作を始める
こだわり過ぎないよう気を付けながら作陶されるという高橋さんですが、
伝統的な絵柄をベースにした丁寧なモノ創りが魅力です

34商品 1-20表示
34商品 1-20表示
  • 1
  • 2
高橋宏彰