「秋名ばら」月桃紙 カードケース

カードケース
沖縄の降り注ぐ太陽をしっかりと浴び、有機栽培で育ったパワフルな植物、「月桃」の茎の繊維から作られた和紙に
大島紬に使われる代表的な伝統柄、「秋名ばら」のジオメトリックなパターンをアレンジしてプリントを施したカードケースです
「月桃紙」は和紙のため、強固な耐久性には欠けますが、一期一会、大切な方との出会いのごあいさつにお使いになるには
相応しい、心のこもったカードケースです 四方に耳のついた手漉きのカードが5枚入っています
いつもとは違うあらたまった気持ちで、筆や万年筆で どうぞお使いください。
 
月桃

「月桃紙」は、沖縄の降り注ぐ太陽をしっかりと浴び、有機栽培で育ったパワフルな植物、
「月桃」の茎の繊維から作られた和紙です 月桃は昔から、沖縄の祭りや暮らしに深く根付いた薬草と言われ
強い抗酸力から食べ物やお茶、神事の厄除けなどとしても重宝され、またその甘く爽やかな香りはアロマ効果が
あるとされ、保湿性の高いコスメとしても評価されています 初夏には、美しく幻想的な白い花を咲かせます

「秋名ばら」は大島紬を代表する伝統柄 大島紬の発祥の地、奄美大島 龍郷町の地名「秋名」と、
琉球語で竹ザルを意味する「ばら」から名付けられ、まさに竹ザルの網目をモチーフに考案された織柄です
縦横無尽に変化する可能性に満ちた表現力豊かな幾何学模様です

月桃
「秋名ばら」月桃紙 カードケース はこちら