三重・O然レ窯 (osaregama)

昔ながらの蹴ロクロを用い、たっぷりとしたカタチを作り出し
地元三重県の土と対話しながら日々作陶しているという〇然レ窯 濱口公佑さん
土モノらしい風合いと手作りならではの良さをお楽しみください


■手作りのため、1点づつ色合いや風合いが異なります
■生地に含まれている鉄分や窯の中の灰等が付着して表面に黒い点となっている場合があります
■表面に貫入があることがあります
 ※貫入:焼成した陶器を冷やす際に陶器の素地と釉薬の収縮率が異なることで生まれるヒビのような模様
12商品 1-12表示
12商品 1-12表示
O然レ窯
        

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る
 
器豆知識 はじめてのうつわ選び
うつわのご注文の前に ラッピング
アクセス&マップ 周辺施設
Instagram Twitter MEDIA


最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。