本日のオススメ

モダンなもの、シンプルなもの、カワイイもの、うつわ大福がセレクトしたいまどきのライフスタイルに
マッチするうつわから、本日のオススメをご紹介します。

運気をよぶ

宅間祐子

縁起物として意匠に使われることも多いのがひょうたん。こちらは宅間祐子さん作の箸置き。土モノならではの
素朴な質感と自然な白は、ほんわかとやさしい印象で、まるで落雁みたい。


»宅間祐子 ひょうたん 箸置き




使い勝手と使い心地

宅間祐子

ひさびさに宅間祐子さんのうつわが届きました。こちらは5.5寸の浅鉢、底が平らなのでお皿感覚で盛り付ける
のもマル。使い勝手の良さと使い心地の良さをあわせもつ宅間さんらしいうつわは、料理をひきたててくれそう
です。


»宅間祐子 綿毛 5.5寸浅鉢 こげ茶
»宅間祐子 綿毛 5.5寸浅鉢 グレー




お見逃しなく

九谷青窯

前回の入荷時には、あっというまにSOLD OUTとなってしまった徳永遊心さん作、色絵たんぽぽ 楕円小皿。
小ぶりのうつわに描かれたタンポポの、楚々とした雰囲気と色合いがジャストフィット。大人カワイイうつわです。


»徳永遊心 色絵タンポポ 楕円小皿




飲み方いろいろ

梶原理恵子

若い蔵元が造るこだわりの銘柄やスパークリングなどこれまでになかった新しい試みで日本酒ブームが続いて
います。熱燗を猪口でというのも乙なものですが飲み方もいろいろあって良いのでは。ガラスの質感をいかした
ぐいのみは梶原理恵子さんの作。涼しげなことはもちろん、日本酒の色合いの濃淡がわかったり、新しい発見が
ありそうです。


»梶原理恵子 泡リング ぐいのみ
»梶原理恵子 モールド ぐいのみ




サイズとバランス

九谷青窯

とても使い勝手が良い徳永遊心さんが創る角皿。縦横12.5cmというサイズとおりあげた縁の高さのバランス
が、食卓の上ですっきりとおさまり料理を美味しそうにみせてくれる。スタッフ太鼓判のオススメです。



»徳永遊心 黒い実散し 角皿




盛付け

中町いずみ

料理を盛りつける工夫がしやすい平鉢。うつわのまわりに余白を残したり、真ん中に中高になるようこんもりと
立体的に盛りつけたり、かんたんなことだけで、ずいぶん見栄えがかわります。中町いずみさん作、色絵魚貝
丸紋 片口鉢、いろいろと盛りつけの工夫ができそうです。


»中町いずみ 色絵魚貝丸紋 片口鉢




薫風

梶原理恵子

風薫る五月、という表現が似つかわしい季節。新緑の木々を輝かせる陽射しも強くなり、ガラスのうつわが
絵になる場面がふえてきました。梶原理恵子さんが創る三つ足の楕円皿、ガラスの素材感と封じ込められた
気泡が涼しさを演出します。


»梶原理恵子 三つ足 楕円皿




脇をかためる

九谷青窯

九谷青窯 高祥吾さんが創る六角小鉢。ひょうたん型のカワイイ親子珠に新しく色絵が登場しました。副菜を
つけたりするのにほどよい径10cmと小ぶりなサイズ。メインのメニューはもちろんだけど、脇の料理の存在感も大切です。


»高祥吾 ゴス鉄親子珠 六角小鉢
»高祥吾 色絵親子珠 六角小鉢




新鮮な色合い

中町いずみ

中町いずみさんの新作、紫の鳥と名付けられたマグ。淡い同系色のストライプとともに画かれた鳥は中町さん
らしいキャラ。いつもとは、ちょっと違う趣きの色合いが新鮮です。


»中町いずみ 紫の鳥 マグ




心地良い季節

中町いずみ

久々にすっきりと晴れ、ケヤキ並木の新緑が爽やかに目に映る日となりました。風が気持ちよく感じられ
表参道は一年でいちばん心地よい季節かも。中町いずみさんのうつわが届きました。お散歩がてら、ぜひお立ち寄り下さい。


»中町いずみ 文鳥 箸置き




何を食べたい

九谷青窯

うつわを見たときに、何を食べたいか思い浮かぶことがあります。全く個人的な思い込みで恐縮ですが、
このうつわを見るたびに鯛の薄造りが食べたくなってしまいます。5寸と7寸、一人前と盛り合わせにほど良い
大きさなことも、より食欲をそそる理由なのかもしれません。


»小林巧征 藍葉 5寸皿
»小林巧征 藍葉 7寸皿




片口ならでは

安見勇人

信楽 安見窯の片口鉢は径13cm。藍色に近い釉薬と粉引の質感のコントラストがモダンな雰囲気を醸し出す。
小ぶりの鉢としても品よく使えそうだけど、それだけではもったいない。これからの季節なら、そばつゆや
冷酒を容れるのに使えそう。


»安見窯 粉引ストライプ 片口鉢
»安見窯 粉引ドット 片口鉢




信じるものは

箸置き

最近では見かけることが少なくなって来ましたが白詰草の季節です。公園などで見つけると探したくなるのが
幸運が訪れるといわれる四葉のクローバー。大人げないと言われてしまいそうですが、見つけると何となく嬉しいもの。何事も気持ちが大事ですよね。



»クローバー 箸置き 薄緑
»クローバー 箸置き 深緑




豆皿は楽しい

樋山真弓

お気に入りを見つけたら、つい買ってしまうのが豆皿や豆鉢。小さなアイテムだけど作家さんの気持ちや遊び心
がこめられているような楽しいもの多し。こちらは樋山真弓さん作、色絵ひょうたん 豆皿。絵柄や色が派手
でも他のうつわとの取り合わせで食卓のアクセントになります。


»樋山真弓 色絵ひょうたん 豆皿




オススメもの

原光弘

愛用しているスタッフも多いのが原光弘さんが創る醤油差し。素材感をいかしたモダンなデザインだけでなく、
液だれしないという実用面でもスグレもの。醤油やポン酢、酢などからオリーブオイルだってOK。幅広に使え
るオススメものです。


»原光弘 醤油さし




満足度

トキノハ

初ガツオにタケノコ、おいしい旬のものを食べたい季節。だがしかし、残念なことに今年はどちらもお値段が
高い。そんな時には、たくさん食べることはやめて、少しの量を見栄えよく食べるというのも満足度大。
トキノハのフラットプレートとブロンズ釉5寸皿は、プレゼンテーション力高し。おいしさもアップしてコスパ
良しです。


»トキノハ フラットプレート(L) 黒
»トキノハ ブロンズ釉 5寸皿
»オクラ 箸置き




鋭意制作中

苔玉康介

当店にて苔玉をあつかわせていただいているのが苔玉康介さん。季節折々の草木をとりいれた苔玉は、
暮らしの場にちょっとした癒しを感じさせてくれる。ここところスタッフが心待ちにしているのがカーネーションの苔玉、
母の日にむけてただいま作成中とのこと。ちょっとしたサプライズにもなりそうなプレゼントにいかがでしょう。
(苔玉康介さんH.P.http://kokedama.me/news)


工夫と愛情

田部桃子

手にとると思いのほか重い楕円皿。それもそのはず、わけあってそのように作られている。というのは小さな
お子様がゴハンを食べるとき、ひっくり返ったりしにくいようにとのアイデア。自らも子育て中という
田部桃子さんが創るうつわは、経験に基づいた工夫と愛情がたっぷりです。


»田部桃子 オニ 楕円皿
»田部桃子 ことりの木 楕円皿




味覚も視覚も

九谷青窯

天気予報で「夏日」なんて言葉が語られ始めると冷たい蕎麦が食べたくなって来ます。そんな時に欲しいのが
こちらの蕎麦すだれ。皿にのせるだけで味覚も視覚も大満足。これからの季節のマストアイテムかと。


»蕎麦すだれ
»米満麻子 色絵小枝 7.5寸深皿




フラワーシェイプ

わかさま陶芸

手になじむ素朴な質感が人気のわかさま陶芸、和にも洋にも合わせやすいシンプルなデザインはふだん使いに
ぴったり、当店のロングセラーです。こちらフラワーシェイプ4寸皿もその一つ。輪花型のフォルムと大きさが
ほどよくバランスしているので、とても使いやすいうつわです。


»わかさま陶芸 フラワーシェイプ 4寸皿




青、白、黄

トキノハ

持っているとたいへん重宝するのがトキノハの3寸鉢。合わせやすい青、白、黄の3色は、どれもオススメ。
豆鉢とよばれるサイズに近い径9cmは、薬味や珍味を容れるだけでなく、大皿にのせたり、3つ並べて
使ったり、食卓のアクセントとしていろいろ使えます。


»トキノハ 青釉 3寸鉢
»トキノハ 白釉 3寸鉢
»トキノハ 黄釉 3寸鉢




五月の陽射し

梶原理恵子

風薫る五月に似つかわしい箸置きはガラス工房Eze 梶原理恵子さんの作。強くなって来た陽射しのもとで、
気泡を閉じ込めたペールトーンのガラスが輝きます。


»梶原理恵子 ラウンド箸置き グリーン
»梶原理恵子 ラウンド箸置き ブルー
»梶原理恵子 ラウンド箸置き オレンジ
»梶原理恵子 ラウンド箸置き イエロー
»梶原理恵子 ラウンド箸置き パープル
»梶原理恵子 ラウンド箸置き ピンク




夏も近づく

樋山真弓

今日は、夏も近づく八十八夜、この日に摘まれたお茶を飲むと縁起がいいのだとか。いろんな花が満開となり、
新緑が眩くなってきました。うつわの絵柄に使われることが多い花ですが、樋山真弓さん作、色絵小花並べ
4.5寸皿に画かれた花は、いま頃の季節のものではないかと、、、。勝手な想像です。本日もお休みを頂き、
明日からは通常営業です。よろしくお願いいたします。


»樋山真弓 色絵小花並べ 4.5寸皿




鳳梨

樋山真弓

こんな楽しいうつわを創ってくれるのは、やっぱり樋山真弓さん。ワクワクしながら創っている気分が
伝わってきそうなうつわは、色絵鳳梨 小付。パイナップルを漢字で書くと、こうなることも初めて
知りました。あれこれと使い方を考えるのも楽しそうです。
誠に勝手ながら本日の定休日に続き、明日は休業とさせていただきます。


»樋山真弓 色絵鳳梨 小付




お手にとって

トキノハ

大きさ、重さ、色柄などなど、うつわの中でも飯椀はとくに好みがわかれるアイテム。自分との相性を、
手に取って比べていただくことが一番のオススメです。こちらトキノハの飯椀は、うすめに仕上げられた胴に
ほどこされた線彫りなど、画像でなかなか伝わらないニュアンスあり。ぜひ一度お手に取ってお試し下さい。


»トキノハ ブロンズ釉 飯碗
»トキノハ 白輪ブロンズ釉 飯碗




春から初夏へ

梶原理恵子

今日で4月も最終日、心待ちにしていた春も初夏へと移ろいつつあります。季節にはえるガラスのうつわ、
今日は空気をリング状に封じ込めた片口鉢です。ひとまわり小ぶりのサイズを新たにくわえ、今年も人気ものに
なりそうな予感。ガラス工房Ezeを主宰する梶原理恵子さんが創るうつわです。


»梶原理恵子 泡リング 片口鉢
»梶原理恵子 泡リング 片口鉢(小)




窓を開けて

原光弘

いっきに葉っぱがそろった桜の木と合わせたように、草木の緑が力強くなってきました。窓を開けて外の空気を
取り入れたくなるような気候です。こんな季節には、やっぱりガラスのうつわが似合います。ガラスの素材感を
活かした小鉢は原光弘さんの作、手づくりらしさが漂います。


»原光弘 四つ葉 小鉢




品揃え充実中

九谷青窯

今週末からのゴールデンウィークに向けて、当店にも、いろいろとうつわが届いています。こちらは九谷青窯
米満麻子さんが創る色絵レモンの木と枝レモンの飯碗。人気のうつわが再登場です。皆様のご来店をお待ちいたしております


»米満麻子 色絵レモンの木 飯碗
»米満麻子 色絵枝レモン 飯碗




素材と技法

山中塗り

天然木の美しい木目と職人が丁寧に仕上げた木地の完成度を大切にし、透明感のある拭漆という技法で仕上げた
山中塗りの汁碗。カジュアルにふだん使いしたい逸品です。


»紅けやき 汁碗
»黒けやき 汁碗




テッパンもの

九谷青窯

徳永遊心さんに創ってもらった角皿、みかんと黒い実散し。縦横12.5cmというサイズは使いやすくて、
絵柄もはえるバランスのいいサイズ。数に限りがある特別注文のうつわなので、お見逃しなく。テッパンものの
おすすめです。


»徳永遊心 みかん 角皿
»徳永遊心 黒い実散し 角皿




いろいろあります

九谷青窯

色絵小紫式部と名付けられたうつわは、九谷青窯 高祥吾さんの作。イマドキの生活空間にフィットする明るく
カジュアルな雰囲気でいろんなアイテムが創られている。こちらは丼と飯椀の大小、夫婦茶碗なんて言葉は
似合わないけれど、カップルで使うのも良さそうです。


»高祥吾 色絵小紫式部 丼
»高祥吾 色絵小紫式部 飯碗(大)
»高祥吾 色絵小紫式部 飯碗(小)




光に映える

西郷匡史

木々の緑が勢いづき、日差しもだんだんと強くなってきました。春というよりも初夏を思わせるような日には、
光に映えるガラスのうつわが似合います。こちらは西郷匡史さんが創る渕白4寸反り鉢。シンプルな形にひか
れた渕の白いラインが食材を引き立てます。


»西郷匡史 渕白 4寸反り鉢




異形のうつわ

高橋順子

使うことが楽しみになりそうなのが異形のうつわ。おにぎり型や五角形、小さくても、しっかり存在感を
発揮する。マルや四角が並ぶ食卓のアクセントになってくれるので、雰囲気が変わります。

»高橋順子 タツノオトシゴ おにぎり型小皿
»高橋順子 鳥 おにぎり型小皿
»高橋順子 豆 おにぎり型小皿
»高橋順子 木のみ 角小皿
»高橋順子 渕飾り 角小皿




刷毛目の魅力

大原拓也

白い化粧土を刷毛で塗って仕上げた9寸皿。濃淡のあるかすれ感じは、躍動感を感じさせる作家モノならではの
魅力を漂わせている。大皿として使ったり、ワンプレートとして料理をアソートしてみたり、同じ刷毛目の
長小皿といっしょに使うのもいいですね。


»大原拓也 刷毛目 9寸皿
»大原拓也 刷毛目タタラ 長小皿




ぼてふり

樋山真弓

てんびん棒をかついで魚屋野菜を売る「棒手振り」を絵柄にした猪口、ぼてふりは樋山真弓さんの作。うつわを
ぐるりと回してみると道すがらの様子が描かれている、遊び心あふれるうつわです。蕎麦やお茶を容れるもよし
グイとお酒を飲むのもよし、お好みでお使い下さい。


»樋山真弓 ぼてふり 猪口




季節の題材

高橋順子

昨日ご紹介した高橋順子さんのうつわとともに、カワイイ箸置もたくさん届いています。カエル、カタツムリ、
金魚は季語にもなりそうな旬のアイテム。小さくても食卓に季節感を届けてくれます。


»高橋順子 箸置き かえる
»高橋順子 箸置き 金魚
»高橋順子 箸置き かたつむり




藍と呉須

高橋順子

神奈川で作陶する高橋順子さんのうつわが久々に届きました。染付の藍色と呉須の色がバランスよくまとまった
小皿は、時間をかけて描かれたとおもわれる、ていねいな絵付け。声高に存在感を主張するわけではないけれど
存在感のあるうつわです。


»高橋順子 鹿 変形小皿
»高橋順子 うさぎ 変形小皿




陽射しの中で

粉苔玉

強くなってきた陽射しが心地よく感じられるこのごろ、ゴールデンウィークが待ち遠しくなってきました。
桜の開花から始まって、いろんな花が咲く季節。暮らしの中に草花があると、なんとなく心に余裕ができて
くるような気がします。当店にもお花の苔玉が入荷しています。皆様のご来店をお待ちいたして おります。



花、鳥、蝶

中町いずみ

わずか9cm径の豆鉢にていねいに描かれた花、鳥、蝶。ほんわかとした雰囲気は、うらうらした春の天気に似合いそう。作家さんの器づくりの想いが伝わってくるようなうつわです。


»中町いずみ 朱巻赤絵花鳥 豆鉢




春を楽しむ

樋山真弓

今日も朝から暖かく最高気温も23℃の予想、こうなってくるといっきに衣替えの気分。食卓にも菜の花や
タケノコなど、春らしいメニューを取りれたくなります。そんなときには花唐草と名付けられた小鉢、
暖かくなった日差しに似合いそうなうつわです。


»樋山真弓 花唐草 黄 平小鉢
»樋山真弓 花唐草 赤 平小鉢




和様をとわず

九谷青窯

こちらも当店のロングセラー、九谷青窯 高原真由美さん作、朱入りゴス鉄花つなぎ長方平皿。横13cmと
小ぶりの皿は、料理をつけたとき、絵柄とのバランスが絵になることが人気のわけ。和洋をとわず使いやすい
のも、オススメのポイントです。。


»高原真由美 朱入りゴス鉄花つなぎ 長方平皿




深さあり

九谷青窯

あっというまに4月も半ば、桜のつぎには新緑の季節が巡ってきます。そんな風景を想い起こさせる、色絵
草と実と名付けられた7寸の深皿は九谷青窯 高祥吾さんの作。深さが4cmほどあるのでカレーやパスタから
ポトフ、麻婆豆腐など汁気の多いものにぴったり。なにかと便利なうつわです。


»高祥吾 色絵草と実 7寸深皿




愛情たっぷり

田部桃子

ひさびさに届いた田部桃子さんの新作、とりの木 こども両手マグ。ご自身も子育て真っ最中という作家さんの
モノづくりの視点は、お子様への愛情に満ちているものばかり。木々のうえを飛び交うとりの絵柄は、大人に
なっても印象に残りそうです。


»田部桃子 とりと木 こども両手マグ




バランスの妙

樋山真弓

輪花の形も美しい5寸鉢は樋山真弓さんの作。大きさと深さのバランスがとても良く、何を容れてもおいし
そうに見えるうつわです。どんな食卓にもなじみやすく飽きのこない染付の色合いは、他のうつわとも取り
合わせやすく重宝することマチガイなし。


»樋山真弓 染付果実蝙蝠紋 輪花鉢




活躍の場、多し

樋山真弓

先日届いた樋山真弓さんの新作、径7cmの豆皿は金魚の絵柄。箸置から取り皿、ワンプレートの仕切り役まで
食卓で大活躍してくれそう。手のひらサイズだけど存在感は大きいカワイイうつわです。


»樋山真弓 色絵金魚 豆皿




日差しの変化

梶原恵理子

いっきに暖かくなったと思ったら、また寒くなったり季節は行ったり来たりしていますが、晴れたときには
日差しが強く感じられるようになってきました。ぼちぼちガラスのうつわの出番です。ガラス工房Eze
梶原恵理子さん作の泡リングボウル、当店の定番です。


»梶原恵理子 泡ボウル 大
»梶原恵理子 泡ボウル 小




陶器の効用

わかさま陶芸

土からつくられる陶器の湿度調整作用をいかしたのが「魔法の塩壺」と名付けられたこちらの蓋物。
ミネラルを含んだしっとりとした塩を容れても固まりません。もちろん精製塩や砂糖でも大丈夫。うつわの
6分目くらいまでが適量です。


»わかさま陶芸 魔法の塩壺(小)




かくれた人気モノ

公長斎小菅

当店の隠れた人気商品は箸置き。作家さんが遊び心で創ったものや季節感たっぷりのものなど、けっこうな数を
お買い上げいただいています。こちらは公長斎小菅の逸品。素材感をいかして作られたシンプルなデザインは、
料理やうつわとの取り合わせを選ばず、道具としての出来栄えも高し。さすが老舗のモノ作りです。


»円窓 箸置き
»角窓 箸置き




引き立て役

大原拓也

うつわを取り合わせて使うとき、なくてはならないのが小ぶりの皿や鉢。脇をかためるおかずとともに、主役を
もりたてる重要な役割をつとめる。こちらは大原拓也さん作、長小皿と3寸鉢。いろんなメニューをひきたてます。


»大原拓也 刷毛目タタラ長小皿
»大原拓也 粉引き刷毛目 3寸鉢




際立つうつわ

九谷青窯

色絵遊び葉と名付けられた4寸皿と6寸皿。艶やかな色合いは食卓で際立つことマチガイなし。葉っぱの色並び
が少しずつ変えられていたりするのは作家モノならでは。九谷青窯 高祥吾さんに創ってもらったこの春の
イチオシのシリーズです。


»高祥吾 色絵遊び葉 6寸皿
»高祥吾 色絵遊び葉 4寸皿




いろいろ楽しむ

トキノハ

こちらは当店ロングセラーの一つ、トキノハの青釉 長皿。秋刀魚の塩焼きにピッタリきそうなプロポーション
ですがそれだけではありません。豆皿や豆鉢をちょこっとのせると、雰囲気もさまがわり。アイデアしだいで
いろいろ楽しめるうつわです。


»トキノハ 青釉 長皿




トキノハ新作

トキノハ

京都 トキノハから届いた新作は白釉をベースにブロンズ釉をあしらった7寸鉢。シンプルにみえますが縁に
線彫りがほどこされていたり手づくりならではのニュアンスは、食卓に置くだけで絵になるうつわです。


»トキノハ 白釉+ブロンズ釉 7寸鉢




春のいきおい

九谷青窯

なにかと桜が話題となる季節ですが草花や木々の新芽も勢いが感じられるようになってきました。気温は寒く
ても目にする景色は春本番が近づいたことを感じさせます。九谷青窯 小林巧征さんが創る藍葉と名付けられた
5寸皿と7寸皿。グングン育つ葉っぱの生命力を思わせるうつわです。


»小林巧征 藍葉 5寸皿
»小林巧征 藍葉 7寸皿



バリエーション

九谷青窯

食卓を囲む人数や食べる量によって、うつわの大きさはずいぶん変わるものだけれど浅いものや深いものなど
バリエーションをふくめて、いくつか持ちたいのが鉢。汁気の多いものや煮物、炒め物にサラダまで何種類か
を使いまわしたい。こちらは徳永遊心さん作の5寸鉢。大きすぎず小さすぎず、品のいい使いやすそうなうつわ
です。


»徳永遊心 色絵種子散し 5寸鉢




新たな始まり

九谷青窯

九谷青窯から届いた新作の飯椀、内外2本線はすっきりとシンプルなデザイン。今日4月1日から始まる新年度
や新学期に際して、気持ちも新たにこんな飯椀とともに新生活を始めるというのはいかがでしょう。おいしい
ゴハンをしっかり食べて仕事も勉強もガンバレ。


»内外2本線 飯碗




春本番

九谷青窯

桜の花もそうですが草木のつぼみや新芽がふくらんできました。暖かかったり寒かったり、行ったり来たりを
繰り返しながら春本番ももうすぐ。こちらのうつわに描かれたような元気のいい葉っぱの季節がやってきます。



»小林巧征 色絵葉並べ 6.5寸皿




工夫しだい

九谷青窯

人気のうつわがまたまた届きました。九谷青窯 高祥吾さんが創るぶどう角長皿 大。横長のうつわはメインに
付け合わせをあしらったり、焼魚をいれたり、小品を3種くらいアソートしてみるのもおいしそう。盛りつけの
工夫次第でいろいろと楽しめそうです。


»高祥吾 ぶどう 角長皿 大




新着アイテム

九谷青窯

徳永遊心さんの新シリーズ鉄絵十字、前回入荷してあっというまにSOLD OUTとなってしまった6寸皿、マグ
とともに新アイテムのそば猪口が届きました。色や柄の雰囲気はフリーカップとして使うのにもよさげな感じ。
ぜひお手に取ってご覧下さい。


»徳永遊心 鉄絵十字 そば猪口




なごみ系

九谷青窯

なごみ系とでもいいたくなるような6寸の深皿は九谷青窯 三宅英雅さんの作。縁に描かれたカリフラワーの
絵が気持ちをほんわかとさせてくれます。4.5cmとやや深めなので使い方も いろいろです。


»三宅英雅 カリフラワー 6寸深皿




じっくり使って

中町いずみ

ぶどうに鳥と名付けられた5寸皿。ていねいに作られたフォルム、伝統的な九谷焼のモチーフを今の感覚で
描きなおしたバランスの良い絵柄は、じっくり使っているとその良さをしみじみ感じそうなうつわです。


»中町いずみ ぶどうに鳥 5寸皿




オンとオフ

日下華子

日下華子さんが創るうつわは、オンでもオフでも軽やかに着こなせるモダンなカジュアルウェアのような
雰囲気を漂わせる。こちらの4寸皿もふだん使いとしてガンガン使っても絵になるし、ちょっと気取った
テーブルセッティングでもピタリとはまりそう。格子の向きで趣が変わるのもおもしろい。


»日下華子 ゴスチェック 4寸皿




使いわけ

わかさま陶芸

桜の開花が宣言されたの言うものの寒い日が続いています。春の気分は大事にしながら、温かくすることも
まだまだ必要かも。わかさま陶芸のスープカップ、先日の飯碗と同じく人気のしのぎのシリーズ。寒いときには
スープを、温かくなってきたら、サラダを容れるのにもいいかもです。


»わかさま陶芸 しのぎ スープカップ




中町いずみ

昨日に続いて中町いずみさんの新作をご紹介。生け花につかわれた赤や黄、緑がアクセントとしてきいている
5寸皿は、おだやかな印象。のんびり過ごす暖かい日をおもわせる絵柄です。取り皿にピッタリ、使いやすそう
なうつわです。


»中町いずみ いけばな 5寸皿




視線のさきに

中町いずみ

中町いずみさんの新作そばちょこは虎。中町さんならではの、ほんわかキャラとなった虎の視線をおって
いくと、その先にはタケノコ。どうして虎がタケノコにひかれるのかは不明ですが、カワイイうつわです。


»中町いずみ 虎 そばちょこ




太鼓判

わかさま陶芸

もはや当店の定番、わかさま陶芸のしのぎシリーズ。人気のわけは、白を基調とした色合いと粉引きの質感。
メニューを選ばず、どんな場所にもフィットするので幅広く使えます。食洗機、電子レンジOKというのも、
みのがせないポイント。太鼓判のオススメ品、どうぞお早めに。


»わかさま陶芸 しのぎ 飯碗(小)
»わかさま陶芸 しのぎ 飯碗(大)




老舗の逸品

公長齋小菅

ちいさなアイテムですがちょっとこだわっておきたいアイテム。京都 公長齋小菅の竹の小さじはMADE IN JAPANにこだわった逸品。竹細工の老舗ならではの美しいできばえです。



季節のかわりめ

はしおき

今日は春分。暑さ寒さも彼岸まで、などと言いますが今日の予想最高気温は17℃。春を感じさせる陽気に
なりそうです。桜開花の報せが届けば気分も一新。新年度、新学期と新しいことが始まりそうです。



»桜 箸置き 桜色




ひと手間かける

すり鉢

炒りたてのゴマをすり鉢でつぶすと、やっぱり香りが違います。ひと手間かけることを大切にしたいもの。
歴史は古く平安時代から使われていたというすり鉢。ゴマにをするだけでなく、食材を細かく砕いたり、
ペースト状にしたり、野菜やひき肉、豆腐や梅干しといったものなど、使い道はいろいろ。一味違うメニューが
出来そうです。


»飴釉 すり鉢
»白 すり鉢 小




ふだん使いのわけ

九谷青窯

水藻と名付けられた7寸の中皿は深さが3.9cm、このちょっとした深さが使い方を広げてくれます。ソース
たっぷりのパスタやチャーハンだって食べやすい。和洋中のジャンルをこえて使える雰囲気なので、ふだん
使いに重宝しそうです。


»九谷青窯 水藻 7寸皿




絵柄違い

高橋順子

小皿や豆鉢といった小さなうつわは、いろんな絵柄や形ちがいのものをあえて使ってみるのはいかがでしょう。
なんでもかんでもというわけではありませんが、染付だけにしたりすれば、まずはマチガイなし。うつわの
取り合わせが楽しくなります。


»高橋順子 楕円皿(5)
»高橋順子 正角豆皿(3)
»高橋順子 楕円皿(3)
»高橋順子 豆 おにぎり型小皿




古都の色合い

かやのお台ふきん

蚊帳作りに使われる綿100% の素材を使った台拭きは、吸水性、速乾性バツグンのスグレもの。くれない、
ぼたん、山吹など、いにしえの都を思わせる色合いは使うことをためらってしまうような彩りです。


»かやのお台ふきん さらし
»かやのお台ふきん 藍
»かやのお台ふきん 空
»かやのお台ふきん 深緑
»かやのお台ふきん 山吹
»かやのお台ふきん ぼたん
»かやのお台ふきん くれない




さまざまな表情

トキノハ

ブロンズ釉、7寸皿と5寸皿。ネーミングの通り濃い茶褐色なのですが、光のあたり具合で明るめにみえたり
黒っぽくみえたり。縁にほどこされた線彫りもはっきり、うっすらと表情を変えます。手づくりの温もりを
感じさせるうつわは盛りつけるものを選ばず、どんな食卓にもしっくりきます。


»トキノハ ブロンズ釉 7寸皿
»トキノハ ブロンズ釉 5寸皿




取り合わせ

トキノハ

食卓の上にならべられるいろいろなうつわ。皿も鉢もやっぱりまるいものが多い。そんなところにちょっと趣きがちがった形のものが入ってくると、全体の雰囲気がとってもにぎやかに。トキノハの三角小皿は一つで使っても、形も質感も存在感たっぷり。オススメです。


»トキノハ タタラ三角小皿 ネイビー
»トキノハ タタラ三角小皿 ライトブルー
»トキノハ タタラプレート ライトブルー




ほのかな香り

山のくじら舎

海の生き物たちが箸置きになりました。ほのかな木の香りは高知県安芸市の地元のヒノキ。水や熱にも強いので
ふだん使いにピッタリです。2つがセットされているパッケージもかわいいので、ちょとしたギフトにも
オススメです。


»いか 箸置き
»えび 箸置き
»じゃこ 箸置き




白磁しのぎ

ななかまど

いざ丼を買おうと決めても、いろんな選択肢が揃っているお店はあまりないかも。当店では色や柄、大きさ
などいろいろ取り揃えております。こちらは、しのぎとよばれる技法で表情をつけたシンプルなもの。
ぜひお手に取ってお確かめください。


»九谷青窯 白磁しのぎ 丼
»九谷青窯 白磁細しのぎ 丼




季節を先どり

ななかまど

ぐるぐるまいたツルについた緑と青の葉っぱが新緑の季節をおもわせる絵付けがほどこされたうつわは、
取り皿として程よいサイズの4.5寸。春めいてきた日差しのもと、季節を先どりして使いたくなりそうです。


»ななかまど うずまき葉紋 4.5寸皿




相性よし

トキノハ

シンプルなフォルムの美しさがきわだつフリーカップ、表面にほどこされた細かい線彫りが白やブロンズの
釉薬に浮き立つ。ビール、お茶、ジュースなど何を容れてもさまになるすぐれものです。


»トキノハ 白輪ブロンズ釉 フリーカップ
»トキノハ ブロンズ釉 フリーカップ
»トキノハ 白釉 フリーカップ




自由なアイデア

九谷青窯

絵柄の黄色がきいたカワイイ7寸皿は九谷青窯 高祥吾さんの作、つけられている品名は「色絵チーズ」。
デザインもネーミングも和食器とか洋食器とかいった分け方にとらわれない自由なモノ作り。若手の作家さんの
アイデアを活かす九谷青窯ならではのうつわです。


»高祥吾 色絵チーズ 7寸皿




春の日

樋山真弓

ここのところずいぶんと陽射しが暖かくなってきました。同じ気温でも以前ほど寒いと感じません。春が
一歩一歩近づいている気がします。のどかな春の日を思わせる蝶の絵柄は樋山真弓さんのそば猪口。冷たいソバは、まだ早いかもしれませんがお茶を飲んだりするのもOK、いろいろ使えます。


»樋山真弓 色絵蝶 蕎麦猪口




かかせない脇役

大原拓也

メインメニューもだいじだけれど脇をかためる料理が充実していると、食卓がにぎやかになる。そんな脇役を
もりたてるのが小鉢や小皿。胡麻和えや酢の物、豆腐などちょこっといれるのにほどよい3寸鉢は大原拓也さん
の作。粉引刷毛目の質感がいろんなメニューをひきたてます。


»大原拓也 粉引刷毛目 3寸鉢




お手に取って

九谷青窯

新生活の準備もあってか、ここのところ飯碗をお探しのお客様のご来店が増えています。かたちや大きさ、
染付、色絵、粉引などなど、当店では各種取り揃えております。手にして使ううつわなので、お手に取って
お試しいただくのがオススメ。ご来店をお待ちいたしております。


»小林巧征 点描丸紋 飯碗
»望月彩 ゴス鉄雪紋 飯碗
»望月彩 舞蝶 飯碗
»丸花木の実 飯碗




春近し

九谷青窯

今日は二十四節気の啓蟄、冬ごもりしていた虫たちが動き出すとされる候。草や花の芽も力強くなってきたし、
桜の木にもまだまだ固いつぼみらしきものが見え始めています。春近し、こんなうつわが気分です。


»九谷青窯 色絵果実 黄 楕円皿
»九谷青窯 色絵果実 赤 楕円皿




手仕事

九谷青窯

藍のグラデーションが美しい九谷青窯 小林巧征さん作、綿花並べ 8寸皿。色を重ねて作る絵柄は、一点一点
時間をかけて仕上げた手仕事ならではのもの。作家モノらしさあふれるうつわです。


»小林巧征 綿花並べ 8寸皿




バランス

九谷青窯

徳永遊心さん作、色絵みかん 7寸鉢がひさびさに届きました。美しいフォルム、内外に描かれた絵柄と地色の
白とのコンビネーション、上品な佇まいのうつわです。料理を中央にボリュームをもって盛りつけ余白を
活かすと、全体がバランスよくなりそうです。


»徳永遊心 色絵みかん 7寸鉢




人気のアイテム

樋山真弓

樋山真弓さんが創る人気のアイテム、花型箸置き。ご覧の通りのカワイイやつは人気モノ。いつもたくさん
創ってもらうのですがあれよあれよという間にSOLD OUTとなってしまいます。出会ったときはお見逃しなく。


»樋山真弓 花型箸置 黄




さりげない存在感

樋山真弓

チョコッと描かれた蝶、径11cmほどのサイズ、どちらも強く主張するわけではないけれど、全体からしっかり
と存在感が伝わってくる。いつもの食卓にこんな輪花型のうつわが加わるだけで、雰囲気がグッと楽しくなり
そうです。


»樋山真弓 蝶 輪花小皿




鉄絵の趣

九谷青窯

先日、届いた九谷青窯からのうつわのご紹介。こちらは徳永遊心さんの新作、6寸皿とマグ。鉄分を含んだ
釉薬で描かれた鉄絵とよばれる十字の絵柄は、いれるものや季節を選ばず幅広使えそう。ふだん使いにぴったりのうつわです。


»徳永遊心 鉄絵十字 6寸皿
»徳永遊心 鉄絵十字 マグ




三本足

川部知雄

個性があふれる三つ足は苔玉のトレイ。お店では形の面白さにひかれて、これだけでお買い上げいただく
お客様も。使い方はアイデア次第、ちいさなアクセアリートレイとしても使えそうです。



メリハリ

巌陶房

うつわは使いようでいろいろ楽しめる。中皿に豆鉢や豆皿をのせるだけで、趣がさまがわり。ぐんとグレートアップした雰囲気になります。信楽 巌陶房の長方平皿に豆鉢をのせてみました。料理の盛り付けが立体的になり、メリハリがつきそうです。


»巌陶房 長方平皿(2)
»巌陶房 長方平皿(4)
»巌陶房 豆鉢(2)
»巌陶房 豆鉢(3)




万能皿

九谷青窯

当店オープン以来のロングセラー、九谷青窯の葉型皿。縁をチョコっとひねって作り出したフォルムが
魅力の万能皿。ほかのうつわとの相性も良いので、使い勝手よし。ふだん使いにオススメのうつわです。


»赤絵 葉型皿




季節の移ろい

苔玉

梅が咲き、河津桜が咲き、水仙やチューリップの芽がぐんぐんと育ってきました。先日は当店に、苔玉の
ニューフェイスがたくさん届けられました。その中からこちらは春を思わせるぼけの花。まだまだ寒い日が
ありそうですが、春への期待がふくらみます。



春のひかり

日下華子

まだまだ寒いとはいうものの立春を過ぎたあたりから少しずつ、暖かいなと感じることが増えてきました。
春を心待ちにしながら、その兆しに一喜一憂するのも、いまの季節ならではの楽しみです。日下華子さん作の
8.5寸皿はオリーブの絵柄。やわらかな日差しをあびる木々の緑を思わせてくれるようなうつわです。


»日下華子 オリーブ 8.5寸深皿




縁起よし

九谷青窯

豊臣秀吉の旗印 千成瓢箪が有名なように縁起のよいものとして使われて来たのがひょうたん。そんな瓢箪を
モチーフに色とりどりの絵柄にしたうつわも、幸運を運んできてくれるような雰囲気。徳永遊心さんらしさが
あふれる丼と正角平皿、人気です。


»徳永遊心 色絵ひょうたん 正角平皿
»徳永遊心 色絵ひょうたん 丼




上質な日用品

トキノハ

ワンプレートとして使ったり大皿として使ったり、京都 トキノハのタタラプレートは大人気のロングセラー。
クラシックな和の空間にも、いまどきのモダンな空間にも似合うシンプルで使いやすいデザインは、もちろん
料理も選びません。一点一点個性がある色合いや風合いは、作家モノならでは。毎日使ってもあきない名品です。
和洋中さまざまな要素をとりこんだ、いまどきの家庭料理にはもってこいのうつわです。


»トキノハ タタラプレート ネイビー
»トキノハ タタラプレート ライトブルー




無国籍風

高橋順子

繊細な輪花のフォルムと無国籍風の鳥をからめた絵柄が醸し出す雰囲気が魅力、高橋順子さんが創る浅鉢。
和洋中さまざまな要素をとりこんだ、いまどきの家庭料理にはもってこいのうつわです。


»高橋順子 鳥紋 7寸浅鉢




変わる表情

内村七生

料理や合わせるうつわを選ばない、やわらかな白のうつわ。地模様として引かれた葉っぱをモチーフにした
絵柄が、光の加減で強くなったり弱くなったり、様々な表情を見せてくれそうです。白化粧 葉つなぎ、
瀬戸で作陶する内村七生さん作のうつわです。



»内村七生 白化粧葉つなぎ 楕円皿




そろっています

九谷青窯

当店の超のつくロングセラー、九谷青窯 高原真由美さん作、綿毛散し四方小鉢。かわいい絵柄、オリジナリ
ティーあるフォルム、取鉢として使いやすい大きさなどなど、人気の理由はいろいろ。使い勝手の良さに
お買い足しいただくお客様も多数。いまなら数も揃っています、ぜひ。



»高原真由美 綿毛チラシ 四方小鉢




春を先どり

九谷青窯

チューリップの芽がどんどん大きくなってきたと思っていたら、今日の最高気温は19℃だとか。春が近づいて
いることを感じさせてくれる陽気です。九谷青窯 望月彩さん作、舞蝶 角大皿。こんな日には、春を先取りして
食卓に並べたいうつわです。



»望月彩 舞蝶 角大皿(小)




うつわは出会い

ななかまど

リム皿や楕円皿も楽しい石川 な

SHOP HOME

うつわ大福 ホームページへ

うつわ大福 スタッフブログ 日々のおすすめを、器と共に更新しています。

イタリアで人気のブランド「giaretti」のクックウェア

ご案内

店舗について

〒107-0062 東京都港区南青山3-8-5 デルックス南青山1F
営業時間 11:00-19:00 (火曜定休)

RPEE online shopへ

Top