本日のオススメ

モダンなもの、シンプルなもの、カワイイもの、うつわ大福がセレクトしたいまどきのライフスタイルに
マッチするうつわから、本日のオススメをご紹介します。

夏の風情

わかさま陶芸

遅まきながら梅雨明け宣言もあり夏も本番、しばらく暑さが続きそうです。体調管理には気を使いつつも、夏を
楽しみたいもの。例えば蚊取り線香、刺されるとやっかいな蚊をやっつけてくれるのはもちろんですが、
ゆるゆる立ち上る煙や香りもなかなかいいものです。わかさま陶芸の蚊遣り、風情があってマル。

»わかさま陶芸 蚊遣り 白 




茶汲女人

樋山真弓

筍を掘る人や釣糸を垂れる老人など、樋山真弓さんの絵柄に登場するキャラは楽しい。新作の5寸皿に描かれた
のはお茶をいれる女性。縁の花柄が素敵なことはもちろんだけれど、こういったキャラがやっぱり楽しいですね。


»樋山真弓 色絵茶汲女人 5寸皿 




人気のうつわ

久谷青窯

徳永遊心さん作の鉄絵種子散し 四方鉢 小、印判六花とともに早々とSOLD OUTとなっておりましたが
第二弾が届きました。ONLINE SHOPでもお店でも人気のうつわとなっています。ぜひ、お早めに。

»徳永遊心 鉄絵種子散し 四方鉢 小




ふだん使いの定番

わかさま陶芸

ふだん使いの定番、わかさま陶芸より人気のうつわが届きました。こちらは、しのぎスープカップ。シンプルな
デザインとやさしい質感は幅広くお使いいただけます。暑いときには冷やしたラタトゥイユなんてメニューも似合いそう。

»わかさま陶芸 しのぎスープカップ 




万華鏡

原光弘

ガラスのうつわの季節です。原光弘さんが創る万華鏡のシリーズ。光のあたり具合によって、いろいろな表情を見せてくれます。同シリーズの小鉢は四つ葉のかたちにもにています。涼しげな食卓、プラスワンの提案です。

»原光弘 四つ葉 小鉢 




新着アイテム

久谷青窯

高原真由美さんが創る菊集めのシリーズに新しいアイテムが登場しました。絵柄と地色の藍と白のコントラスト
が引き立つ6寸皿と蕎麦猪口、人気のうつわになりそうです。

»高原真由美 菊集め 蕎麦猪口 
»高原真由美 菊集め 6寸皿 
»高原真由美 菊集め 5寸皿 




惚れてしまえば

樋山真弓

樋山真弓さんらしさがあふれる色絵花紋 猪口。ネーミングの通り猪口として使う のもクールだし、小ぶりの蕎麦猪口として使うのも粋な感じ。おいしい中国茶を容れても素敵だと思う。まあモノに
惚れてしまえば、どう使っても気分が良いということでしょうか。

»樋山真弓 色絵花紋 猪口 




ちいさなサイズ

久谷青窯

人気のうつわ、色絵親子珠 六角小鉢をさらに小さくした同じ絵柄の3寸の丸小鉢。いわゆる豆鉢サイズなので、
おいしいものをチョコっと、というのにもいいし、薬味をいれたりするのもマル。ちいさなサイズがカワイイ
うつわです。

»高祥吾 色絵親子珠 3寸鉢 




手仕事良品

宅間祐子

"実用的でやさしい表情の手仕事良品"がモットーという宅間祐子さんのうつわ創り。質感や色合いに魅入られる
方も多い。こちらは4.5寸の中鉢、軽く創られていて使い心地が良さそうです。

»宅間祐子 草 4.5寸鉢 灰釉 
»宅間祐子 梅 箸置き 




使いどき

久谷青窯

晴れると真夏を思わせる陽射し、梅雨明け?なんて話題になります。お昼は冷たい蕎麦をつるっと食べたくなる
季節になりました。フリーカップや小鉢としてなど、いろいろ使えるそば猪口ですが、今はまさに使い時。
どうぞおいしい蕎麦をお召し上が り下さい。

»九谷青窯 ゴス鉄小枝に丸葉 蕎麦猪口 
»九谷青窯 鉄絵小枝 蕎麦猪口 
»九谷青窯 鉄絵青い実並べ 蕎麦猪口 




キャンペーン開催中

高原真由美

先週末から始まった開店7周年記念キャンペーン、おかげさまでたくさんのお客さまにご来店いただきました。
気になっていたうつわや数を揃えたいアイテムをお求めいただくチャンスです。期間は今月末まで、ぜひこの機会に
ご利用下さい。




個性派

樋山真弓

樋山真弓さんが創るうつわのモチーフにちょこちょこと使われることがあるカニ。キャラが伝わってくる表情で
描かれていることが多い。こちらの豆皿と蕎麦猪口のカニたちも、なんだかイイ感じ。食卓の上で主役を張れそうです。

»樋山真弓 蟹と波 蕎麦猪口 
»樋山真弓 月と蟹 豆皿 




充実しています

久谷青窯

大は小を兼ねるとはいうものの、盛り付けとメニューとによって鉢の大きさは決まってくる。ここのところ
鉢のバリエーション充実中のうつわ大福、7周年記念キャンペーン中にいかがでしょうか。

»徳永遊心 印判六花 四方鉢 大
»徳永遊心 鉄絵種子散し 四方鉢 小
»高原真由美 色絵草花繋ぎ 四方小鉢
»高原真由美 色絵呼び花 4寸鉢




ちょこっと小鉢

久谷青窯

メインメニューだけでなく横に並べられる小鉢が充実していると満足感が高くなる。こんな小鉢にちょこっと
付けられているだけで、お酒もゴハンも進みそうだ。シンプルな染付、ちょっとカジュアルな色絵、迷ってしまいそうです。

»高祥吾 色絵親子珠 六角小鉢 
»高祥吾 木賊 六角小鉢 
»高祥吾 色絵水玉 六角小鉢 




徳永遊心新作

久谷青窯

当店の開店7周年にあわせて徳永遊心さんに頑張って創ってもらった四方鉢。心待ちにしていたうつわが
届いたとき、スタッフ一同ニッコリ。とても素敵なうつわが出来ました。料理を選ばない色合い、形、そして
二種類ある大きさ。遊心さんらしい”使える”うつわです。

»徳永遊心 印判六花 四方鉢 大
»徳永遊心 鉄絵種子散し 四方鉢 小
»徳永遊心 印判六花 四方鉢 小




開店7周年記念キャンペーン

久谷青窯

7月8日をもちまして当店は開店7周年を迎えることとなりました。これも皆様のご愛顧のおかげと厚く
御礼申し上げます。誠にささやかではございますが、今年も下記の企画をご用意いたしました。

◆ 7月8日(土)〜7月31日(月)の期間はお買い得!

期間中店頭で5,400円(税込)以上お買上いただいたお客様は商品代金を10%OFFさせていただきます。
(一部除外商品あり。)お買上の際に「ホームページを見た」とスタッフにお知らせください。

オンラインストアで商品代金5,400円(税込)以上お買上いただいたお客様は、配送料無料。
7月8日(金)11:00〜7月31日(月)19:00までのご注文分が対象です。

皆様のご来店をスタッフ一同お待ちいたしております。


横の寸法

久谷青窯

ありそうでなかなかないのが横長の大きめの皿。さんまなど焼魚をいれたり出番はあるのに出会いは少ない。
こちらは高祥吾さん作、ぶどう 角長皿大。 横26cmとまず十分な大きさです。揃いの絵柄の隅切 長小皿も
人気です。

»高祥吾 ぶどう 角長皿大
»高祥吾 ぶどう 隅切 長小皿




色絵花落し

久谷青窯

九谷青窯 高原真由美さんが創る花をモチーフにしたうつわがぞくぞく入荷中。ファンならずとも目移りして
しまいそう。こちらは色絵花落としと名付けられた3.5寸皿。花を取り囲むまるい線と表面の凹凸が印象を際立
たせる、ちょっとオト ナのうつわです。

»高原真由美 色絵花落し 紫 3.5寸皿
»高原真由美 色絵花落し 黄 3.5寸皿




お待たせいたしました

久谷青窯

当店人気定番の一つ、久谷青窯の葉型皿。しばらくSOLD OUTとなっていました染付が入荷いたしました。
遊び心ある形とシンプルな色合い、食卓にメリハリをつけてくれる使い勝手のいいうつわです。

»久谷青窯 染付 葉型皿
»久谷青窯 赤絵 葉型皿




元気の素

久谷青窯

久谷青窯 米満麻子さんが創るカワイイ系、色絵蝶の飯碗。白いゴハンが引き立ちそうな明るい色合いで描か
れた蝶々たちから、元気がもらえそうなうつわです。これで今年は夏バテしらず?

»米満麻子 色絵蝶 飯碗




季節を楽しむ

樋山真弓

雨が少ない梅雨ですが今日から7月。夏休みどうする、なんてことも気になってきました。夏本番を前にしての
行事は七夕。願い事を短冊に書いて、なんていうのもいいですね。七夕を絵柄にした蕎麦猪口は、樋山真弓さん
の作。季節を楽しむうつわです。

»樋山真弓 七夕 蕎麦猪口




使えるうつわ

久谷青窯

やや高めに織り上げられている縁とモダンな葉っぱの絵柄がうつわの表情となっている縦横12.5cmほどの
角皿。取り皿として使ったりお菓子やくだものをいれたり、使い方いろいろ。徳永遊心さんが創るロングセラー
です。

»徳永遊心 色絵小葉 角皿




際立つうつわ

大谷拓也

信楽で作陶する大谷拓也さんが創る粉引刷毛目は、鉢や皿など大きさもいろいろ。いずれも人気のシリーズ
です。今回初のお目見えとなったのが高台鉢。高く作られているので食卓に並べた時に、眺めがちがう。粉引
刷毛目の素材感もあっていちだんと際立つ存在です。


»大谷拓也 粉引刷毛目 4.5寸高台鉢




人気の貝型

中町いずみ

どんな料理を盛りつけようかとワクワクさせる貝型の中皿。散りばめられる貝やヒトデの配置がいろいろ
あるのも作家モノならでは。中町いずみさんが創る人気のうつわです。


»中町いずみ 貝の皿




蝶と蝙蝠

樋山真弓

樋山真弓さん作、色絵花月 6寸皿。樋山さんらしさあふれる花と遠くに浮かぶ月。そして蝶が描かれたものと
蝙蝠が描かれたもの。この風景は夜?などとどうでも良いことを考えてみたりします。こんなわずかな絵柄違い
をさりげなく同じ食卓に並べるというのは、うつわきならではの楽しみかもしれません。


»樋山真弓 色絵花月蝶 6寸皿
»樋山真弓 色絵花月蝙蝠 6寸皿




夏の演出

白道窯

信楽から久々に届いた白道窯、食卓にこの淡い緑が一つ入ると全体の趣が爽やかに。ガラスとはちょっと違った
夏の演出。合わせて食卓にのせるのにもGOOD。大きさ、形もこなれているのでふだん使いにピッタリです。


»白道窯 角長皿 小
»白道窯 楕円小鉢




ロングセラーのニューフェイス

久谷青窯

ロングセラー、四方小鉢に新柄が登場。縦横11cmとほどよい大きさにくわえ、真ん中が持ち上げられた
イレギュラーな形状は見る角度によって表情も変わります。当店スタッフ、太鼓判のオススメです。


»高原真由美 色絵草花繋ぎ 四方小鉢




夏の趣

梶原理恵子

梅雨の晴れ間の日差しは、夏本番が近づいていることを感じさせます。強い光はガラスのうつわが映える季節。
食卓でも夏を楽しみましょう。リング状の泡を封じ込めたガラスのうつわは梶原理恵子さんの作、気泡が
涼やかさを誘います。


»梶原理恵子 泡リング ボウル 中
»梶原理恵子 泡リング ボウル 小
»梶原理恵子 泡リング ボウル SS




刷毛目の表情

大原拓也

大原拓也さんが創る刷毛目の湯呑みはたっぷりサイズ、あつーいお茶でホッコリしたいときなどに良さそう。
径も広いので小鉢として使ったり、デザートカップにもOK。いろいろとさまになる刷毛目の表情です。


»大原拓也 刷毛目たわみ 湯呑
»大原拓也 刷毛目 急須




信楽の土

前川幸市

信楽で見つけた箸置き。しっかりとしただるまさんの表情と淡いトーン
のかけあわせが何ともいえないカワイさをかもしだしています。信楽らしい土っぽさもマル。ぜひお手に取って
ご覧下さい。


»だるま 赤 箸置き
»だるま 青 箸置き
»だるま 黄 箸置き
»だるま 白 箸置き




今日は夏至

トキノハ

日が長くなって来たと思っていたら今日は夏至、冬至の日より4時間50分も昼が長いそうです。暦の上では
夏に至るというものの、まだしばらくはどんよりした日が続きそうです。トキノハから届いた新作の蕎麦猪口、
モダンな雰囲気と風合いの良さにココロ魅かれます。


»トキノハ ネイビー 蕎麦猪口
»トキノハ ライトブルー 蕎麦猪口




舞い花

久谷青窯

縁に描かれたはっきりとした色合いの花が料理を演出してくれそうな7寸の深皿。高さが4.5cmと深めなので、
サラダをいれたりするのも良さそう。いまの季節ならパッキリとした色合いが強い光に似合います。高原真由美
さんらしいうつわです。


»高原真由美 色絵舞い花 7寸深皿




鉄絵小枝

久谷青窯

すっきりとしない天候が続きますが、晴れたときには強い日差しに夏が近づいていることを感じさせられます。
冷たい蕎麦の季節がやってきました。こちらは当店オープンからのロングセラー、鉄絵小枝 蕎麦猪口。フリー
カップとして使ったり、小鉢にしてみたりと使いみちいろいろです。


»久谷青窯 鉄絵小枝 蕎麦猪口




隅切

久谷青窯

隅切とよばれる角を落とした形の正角小皿。縦横9cmに満たない大きさでも、少し形に手が加えられること
で、うつわのニュアンスが変わります。色絵葉っぱのブーケと名付けられた角小皿は久谷青窯 米満麻子さん作のうつわです。


»米満麻子 色絵葉っぱのブーケ 青 隅切角小皿
»米満麻子 色絵葉っぱのブーケ 緑 隅切角小皿




盛りつけ

久谷青窯

飯椀、丼、蕎麦猪口、角大皿、いずれも人気の高祥吾さんが創る色絵小紫式部のシリーズ。新作の7寸深鉢は
料理をこんもり高めに盛りつけると絵柄とのおさまりが良くなります。料理の仕上げは盛りつけです。


»高祥吾 色絵小紫式部 7寸深鉢 




色絵菊

久谷青窯

徳永遊心さんが創る人気のうつわ、色絵菊の丼が入荷しています。丼イコール麺、となることも多いのですが
ゴハンの上にいろんなものをのせる「どんぶりもの」も親しみやすいメニュー。親子丼、カツ丼、鉄火丼など
など、お気に入りの丼にいれれば、雰囲気もガラリと変わります。


»徳永遊心 色絵菊 丼 




花、花、花

久谷青窯

こちらは高原真由美さんの新作、色絵呼び花 4寸鉢。高原さんらしい花の絵柄が料理をひきたてる、大きすぎず
小さすぎず副菜を容れるのにほどよいサイズのうつわです。


»高原真由美 色絵呼び花 4寸鉢 




シリーズの末っ子

久谷青窯

九谷青窯 米満麻子さんが創る人気のシリーズ、色絵レモンの木のニューフェイスは3.5寸皿。枝に実った
レモンの黄色がひきたつうつわは、小さくても存在感大。手のひらサイズに作家さんのモノづくりへの思いが
こめられています。


»米満麻子 色絵レモンの木 3.5寸皿 




手仕事良品

久谷青窯

宅間祐子さんが創る縦横22cmの正角皿。素材をいかした素朴な風合いは、どんな料理もしっかりと受け止めて
くれそう。ちょっと頑張ったメニューでも、気取らない日々の食卓でも心地よく使える「日々の暮らしに奉仕
する実用的で優しい表情の手仕事良品」というモットー通りのうつわです。


»宅間祐子 スクエア皿 こげ茶 
»宅間祐子 スクエア皿 グレー 




縦縞の味わい

久谷青窯

メインメニューの横に並べられる小鉢の充実度が気にかかる。味覚的にも栄養的にも、メインとの取り合わせを
考えてあるようなものがそえられていると満足度は大きい。作家モノらしさが漂う縦縞の小鉢、久谷青窯 高
祥吾さん作のうつわです。


»高祥吾 木賊 六角小鉢 




藍色のバラ

久谷青窯

バラの花をモチーフにした絵柄の6.5寸皿は、久谷青窯 高祥吾さんの作。和洋の別なく使えるうつわは、メイン
メニューをつけてもよし、デザートにケーキをいれてもよし。藍色のバラは大人っぽい雰囲気が似合いそうです。


»高祥吾 バラ繋ぎ 6.5寸皿 




夏に向かって

原光弘

暑さの本番はこれからだけど、さっぱりしたものへの欲求度合いは日に日に高くなっている。冷やした素麺
といった定番も魅力だけど、夏野菜のサラダなんてのもおいしそう。トマトやきゅうりといった定番はマリネに
してもいいし、ナスやカボチャに火を入れるのもあり。見た目の涼しさ、だいじです。


»原光弘 万華鏡 浅鉢 




名脇役

高橋順子

高橋順子さんが創る五角の小皿は、絵柄とうつわの渕に使われている鉄色の釉薬がうつわの印象をしめて
存在感を高めている。派手さはないが役割以上にきっちりと仕事する、といった感じで食卓の名脇役になりそうです。


»高橋順子 木の実 五角小皿 




あつーいお茶

わかさま陶芸

昼間は暑くても日が暮れると肌寒かったり、まだ慣れない冷房で思いもよらず冷えてしまったり、体調を
崩し気味の方も多そうです。こんなときには、熱ーいお茶を飲むというのもいいかもしれません。わかさま陶芸 
しのぎ急須、ふだん使いにぴったりです。


»わかさま陶芸 しのぎ 急須 
»わかさま陶芸 しのぎ くみ出し 




かわいい水玉

九谷青窯

あちこちで紫陽花の花が咲いています。どんよりとした雲におおわれ、まもなく梅雨入りですね。雨が続くと
なんとなく気が晴れませんが、草木の緑がなお鮮やかに見え爽やかさを感じさせてくれたりもします。食卓にも
こんな明るめのうつわで気分転換はいかがでしょう。


»九谷青窯 色絵水玉 小判皿 




職人技

山中塗り

モノ作りができる職人さんが少なくなり、生産量が限られている天然木の椀。木目をいかした美しい仕上げは、
汁物だけでなくご飯や煮物を容れてもさまになる伝統の技。おさえておきたいアイテムです。


»銘木碗 さくら
»銘木碗 ぶな




名品

九谷青窯

当店オープン以来のロングセラー、九谷青窯の瑠璃釉モッコ4寸鉢。サイズとフォルム、色合いが絶妙の
バランスで創られている名品です。お買上いただいたお客様からも使いやすいと大好評、買い増しされたり、
ご友人にオススメいただいたり、お店としてもうれしい評判です。いまなら数もそろっています、お見逃しなく。


»九谷青窯 瑠璃釉モッコ 4寸鉢 




色鮮やか

九谷青窯

春の訪れを一番に報せてくれたのが梅の花、いつのまにか大きく育ちたわわに実っています。ぼちぼち梅干しを
つける季節ですね。九谷青窯 小林巧征さん作、色絵七宝の3寸皿。鮮やかな色合いは、強くなった日差しに似合いそうです。


»小林巧征 色絵七宝 紺3寸皿 
»小林巧征 色絵七宝 紫3寸皿 
»小林巧征 色絵七宝 緑3寸皿 
»小林巧征 色絵七宝 黄3寸皿 




異邦人

九谷青窯

丸や四角が並ぶ食卓の上では、小ぶりの変形皿はちょっとした異邦人。一つあるのとないのでは、ずいぶんと
雰囲気がちがってくる。同じうつわが並べられがちな、ふだんの食卓に、ぜひ一枚くわえておきたいアイテムです。


»九谷青窯 雲 六角皿 




頼れる相棒

九谷青窯

のびのびと描かれたカワイイ絵柄は九谷青窯 米満麻子さんが創るマグ。珈琲、紅茶、お水にお茶と幅広く
使えるうつわは、いつも横にいてパワーをくれる相棒みたいなもの。ちょっと一息リフレッシュなんてときに
活躍しそうです。


»米満麻子 色絵葉っぱと蝶 マグ 
»米満麻子 色絵梅散し マグ 




花のかがやき

九谷青窯

九谷青窯から届いた高原真由美さんの新作は色合いが異なる花をモチーフにした3.5寸皿は、小さいながらも
存在感あり。食卓に並べると、うつわの取り合わせのなかで、さらにかがやきそうです。


»高原真由美 色絵呼び花 3.5寸皿 
»高原真由美 色絵シオン 3.5寸皿 




人気の定番

樋山真弓

色絵花並べのシリーズは、樋山真弓さんが創る人気の定番。優しい色合いは和洋中、どんな料理も受けとめて
くれる。皿や鉢、大きさもいろいろあるけれど、こちらの5寸皿はひさびさの入荷。数が少ないのでお早めに。



»樋山真弓 色絵花並べ 5寸皿 




いろいろ集めて

樋山真弓

樋山真弓さん作の豆皿いろいろ。花や蝶、魚などなどさまざまなモチーフを使って、遊び心いっぱいで楽しみ
ながら創っているのが伝わって来そうです。豆皿や豆鉢、その日の気分で使い分けるのも楽しいかも。



»樋山真弓 色絵ひょうたん 豆皿
»樋山真弓 染付ぼたん 豆皿
»樋山真弓 月と蟹 豆皿
»樋山真弓 染付福の字 豆皿
»樋山真弓 色絵金魚 豆皿
»樋山真弓 色絵花と蝶(緑) 豆皿
»樋山真弓 色絵花と蝶(黄) 豆皿




やっぱり楽しい豆皿

九谷青窯

九谷青窯から届いた正角平小皿は全部で6種。植物や野菜の絵柄が楽しい雰囲気。同じサイズで6種もあるんだ
から、ここはやっぱり柄違いをあえて選びたい。遊び心は大切です。


»金時草 正角平小皿 
»なす 正角平小皿 
»つる豆 正角平小皿 
»蓮根 正角平小皿 
»ねぎ 正角平小皿 
»赤ずいき 正角平小皿 




手間をかけた逸品

大原拓也

白い化粧土を刷毛で塗りうつわの表情を創る刷毛目と言われる手法で仕上げた径10cmの小鉢。大きくても
小さくても作家さんの仕事は基本的には同じなので、お値段を考えるととてもお得な感じ。いえいえそんな
ことは別にしても、使いやすいとてもいいうつわです。


»大原拓也 粉引刷毛目 3寸鉢




おいしそう

九谷青窯

おかずのクッキング 6,7月号にうつわを掲載していただきました。おいしそうな黒酢の酢豚を盛り付けたのは
九谷青窯 小林巧征さん作、綿花並べ 8寸皿。料理とうつわの合わせ方がイマドキ風。さすが土井善晴先生、
わかっていらっしゃる。ぜひご覧下さい。


»小林巧征 綿花並べ 8寸皿




たたずまい

宅間祐子

宅間祐子さんが創るうつわの特徴は、うつくしいたたずまい。ハナと名付けられたこちらの8寸皿も、
ひとつひとつ手仕事で仕上げられた表面の質感が、料理をひきたててくれそうです。 


»宅間祐子 ハナ 8寸皿 こげ茶




運気をよぶ

宅間祐子

縁起物として意匠に使われることも多いのがひょうたん。こちらは宅間祐子さん作の箸置き。土モノならではの
素朴な質感と自然な白は、ほんわかとやさしい印象で、まるで落雁みたい。


»宅間祐子 ひょうたん 箸置き




使い勝手と使い心地

宅間祐子

ひさびさに宅間祐子さんのうつわが届きました。こちらは5.5寸の浅鉢、底が平らなのでお皿感覚で盛り付ける
のもマル。使い勝手の良さと使い心地の良さをあわせもつ宅間さんらしいうつわは、料理をひきたててくれそう
です。


»宅間祐子 綿毛 5.5寸浅鉢 こげ茶
»宅間祐子 綿毛 5.5寸浅鉢 グレー




お見逃しなく

九谷青窯

前回の入荷時には、あっというまにSOLD OUTとなってしまった徳永遊心さん作、色絵たんぽぽ 楕円小皿。
小ぶりのうつわに描かれたタンポポの、楚々とした雰囲気と色合いがジャストフィット。大人カワイイうつわです。


»徳永遊心 色絵タンポポ 楕円小皿




飲み方いろいろ

梶原理恵子

若い蔵元が造るこだわりの銘柄やスパークリングなどこれまでになかった新しい試みで日本酒ブームが続いて
います。熱燗を猪口でというのも乙なものですが飲み方もいろいろあって良いのでは。ガラスの質感をいかした
ぐいのみは梶原理恵子さんの作。涼しげなことはもちろん、日本酒の色合いの濃淡がわかったり、新しい発見が
ありそうです。


»梶原理恵子 泡リング ぐいのみ
»梶原理恵子 モールド ぐいのみ




サイズとバランス

九谷青窯

とても使い勝手が良い徳永遊心さんが創る角皿。縦横12.5cmというサイズとおりあげた縁の高さのバランス
が、食卓の上ですっきりとおさまり料理を美味しそうにみせてくれる。スタッフ太鼓判のオススメです。



»徳永遊心 黒い実散し 角皿




盛付け

中町いずみ

料理を盛りつける工夫がしやすい平鉢。うつわのまわりに余白を残したり、真ん中に中高になるようこんもりと
立体的に盛りつけたり、かんたんなことだけで、ずいぶん見栄えがかわります。中町いずみさん作、色絵魚貝
丸紋 片口鉢、いろいろと盛りつけの工夫ができそうです。


»中町いずみ 色絵魚貝丸紋 片口鉢




薫風

梶原理恵子

風薫る五月、という表現が似つかわしい季節。新緑の木々を輝かせる陽射しも強くなり、ガラスのうつわが
絵になる場面がふえてきました。梶原理恵子さんが創る三つ足の楕円皿、ガラスの素材感と封じ込められた
気泡が涼しさを演出します。


»梶原理恵子 三つ足 楕円皿




脇をかためる

九谷青窯

九谷青窯 高祥吾さんが創る六角小鉢。ひょうたん型のカワイイ親子珠に新しく色絵が登場しました。副菜を
つけたりするのにほどよい径10cmと小ぶりなサイズ。メインのメニューはもちろんだけど、脇の料理の存在感も大切です。


»高祥吾 ゴス鉄親子珠 六角小鉢
»高祥吾 色絵親子珠 六角小鉢




新鮮な色合い

中町いずみ

中町いずみさんの新作、紫の鳥と名付けられたマグ。淡い同系色のストライプとともに画かれた鳥は中町さん
らしいキャラ。いつもとは、ちょっと違う趣きの色合いが新鮮です。


»中町いずみ 紫の鳥 マグ




心地良い季節

中町いずみ

久々にすっきりと晴れ、ケヤキ並木の新緑が爽やかに目に映る日となりました。風が気持ちよく感じられ
表参道は一年でいちばん心地よい季節かも。中町いずみさんのうつわが届きました。お散歩がてら、ぜひお立ち寄り下さい。


»中町いずみ 文鳥 箸置き




何を食べたい

九谷青窯

うつわを見たときに、何を食べたいか思い浮かぶことがあります。全く個人的な思い込みで恐縮ですが、
このうつわを見るたびに鯛の薄造りが食べたくなってしまいます。5寸と7寸、一人前と盛り合わせにほど良い
大きさなことも、より食欲をそそる理由なのかもしれません。


»小林巧征 藍葉 5寸皿
»小林巧征 藍葉 7寸皿




片口ならでは

安見勇人

信楽 安見窯の片口鉢は径13cm。藍色に近い釉薬と粉引の質感のコントラストがモダンな雰囲気を醸し出す。
小ぶりの鉢としても品よく使えそうだけど、それだけではもったいない。これからの季節なら、そばつゆや
冷酒を容れるのに使えそう。


»安見窯 粉引ストライプ 片口鉢
»安見窯 粉引ドット 片口鉢




信じるものは

箸置き

最近では見かけることが少なくなって来ましたが白詰草の季節です。公園などで見つけると探したくなるのが
幸運が訪れるといわれる四葉のクローバー。大人げないと言われてしまいそうですが、見つけると何となく嬉しいもの。何事も気持ちが大事ですよね。



»クローバー 箸置き 薄緑
»クローバー 箸置き 深緑




豆皿は楽しい

樋山真弓

お気に入りを見つけたら、つい買ってしまうのが豆皿や豆鉢。小さなアイテムだけど作家さんの気持ちや遊び心
がこめられているような楽しいもの多し。こちらは樋山真弓さん作、色絵ひょうたん 豆皿。絵柄や色が派手
でも他のうつわとの取り合わせで食卓のアクセントになります。


»樋山真弓 色絵ひょうたん 豆皿




オススメもの

原光弘

愛用しているスタッフも多いのが原光弘さんが創る醤油差し。素材感をいかしたモダンなデザインだけでなく、
液だれしないという実用面でもスグレもの。醤油やポン酢、酢などからオリーブオイルだってOK。幅広に使え
るオススメものです。


»原光弘 醤油さし




満足度

トキノハ

初ガツオにタケノコ、おいしい旬のものを食べたい季節。だがしかし、残念なことに今年はどちらもお値段が
高い。そんな時には、たくさん食べることはやめて、少しの量を見栄えよく食べるというのも満足度大。
トキノハのフラットプレートとブロンズ釉5寸皿は、プレゼンテーション力高し。おいしさもアップしてコスパ
良しです。


»トキノハ フラットプレート(L) 黒
»トキノハ ブロンズ釉 5寸皿
»オクラ 箸置き




鋭意制作中

苔玉康介

当店にて苔玉をあつかわせていただいているのが苔玉康介さん。季節折々の草木をとりいれた苔玉は、
暮らしの場にちょっとした癒しを感じさせてくれる。ここところスタッフが心待ちにしているのがカーネーションの苔玉、
母の日にむけてただいま作成中とのこと。ちょっとしたサプライズにもなりそうなプレゼントにいかがでしょう。
(苔玉康介さんH.P.http://kokedama.me/news)


工夫と愛情

田部桃子

手にとると思いのほか重い楕円皿。それもそのはず、わけあってそのように作られている。というのは小さな
お子様がゴハンを食べるとき、ひっくり返ったりしにくいようにとのアイデア。自らも子育て中という
田部桃子さんが創るうつわは、経験に基づいた工夫と愛情がたっぷりです。


»田部桃子 オニ 楕円皿
»田部桃子 ことりの木 楕円皿




味覚も視覚も

九谷青窯

天気予報で「夏日」なんて言葉が語られ始めると冷たい蕎麦が食べたくなって来ます。そんな時に欲しいのが
こちらの蕎麦すだれ。皿にのせるだけで味覚も視覚も大満足。これからの季節のマストアイテムかと。


»蕎麦すだれ
»米満麻子 色絵小枝 7.5寸深皿




フラワーシェイプ

わかさま陶芸

手になじむ素朴な質感が人気のわかさま陶芸、和にも洋にも合わせやすいシンプルなデザインはふだん使いに
ぴったり、当店のロングセラーです。こちらフラワーシェイプ4寸皿もその一つ。輪花型のフォルムと大きさが
ほどよくバランスしているので、とても使いやすいうつわです。


»わかさま陶芸 フラワーシェイプ 4寸皿




青、白、黄

トキノハ

持っているとたいへん重宝するのがトキノハの3寸鉢。合わせやすい青、白、黄の3色は、どれもオススメ。
豆鉢とよばれるサイズに近い径9cmは、薬味や珍味を容れるだけでなく、大皿にのせたり、3つ並べて
使ったり、食卓のアクセントとしていろいろ使えます。


»トキノハ 青釉 3寸鉢
»トキノハ 白釉 3寸鉢
»トキノハ 黄釉 3寸鉢




五月の陽射し

梶原理恵子

風薫る五月に似つかわしい箸置きはガラス工房Eze 梶原理恵子さんの作。強くなって来た陽射しのもとで、
気泡を閉じ込めたペールトーンのガラスが輝きます。


»梶原理恵子 ラウンド箸置き グリーン
»梶原理恵子 ラウンド箸置き ブルー
»梶原理恵子 ラウンド箸置き オレンジ
»梶原理恵子 ラウンド箸置き イエロー
»梶原理恵子 ラウンド箸置き パープル
»梶原理恵子 ラウンド箸置き ピンク




夏も近づく

樋山真弓

今日は、夏も近づく八十八夜、この日に摘まれたお茶を飲むと縁起がいいのだとか。いろんな花が満開となり、
新緑が眩くなってきました。うつわの絵柄に使われることが多い花ですが、樋山真弓さん作、色絵小花並べ
4.5寸皿に画かれた花は、いま頃の季節のものではないかと、、、。勝手な想像です。本日もお休みを頂き、
明日からは通常営業です。よろしくお願いいたします。


»樋山真弓 色絵小花並べ 4.5寸皿




鳳梨

樋山真弓

こんな楽しいうつわを創ってくれるのは、やっぱり樋山真弓さん。ワクワクしながら創っている気分が
伝わってきそうなうつわは、色絵鳳梨 小付。パイナップルを漢字で書くと、こうなることも初めて
知りました。あれこれと使い方を考えるのも楽しそうです。
誠に勝手ながら本日の定休日に続き、明日は休業とさせていただきます。


»樋山真弓 色絵鳳梨 小付




お手にとって

トキノハ

大きさ、重さ、色柄などなど、うつわの中でも飯椀はとくに好みがわかれるアイテム。自分との相性を、
手に取って比べていただくことが一番のオススメです。こちらトキノハの飯椀は、うすめに仕上げられた胴に
ほどこされた線彫りなど、画像でなかなか伝わらないニュアンスあり。ぜひ一度お手に取ってお試し下さい。


»トキノハ ブロンズ釉 飯碗
»トキノハ 白輪ブロンズ釉 飯碗




春から初夏へ

梶原理恵子

今日で4月も最終日、心待ちにしていた春も初夏へと移ろいつつあります。季節にはえるガラスのうつわ、
今日は空気をリング状に封じ込めた片口鉢です。ひとまわり小ぶりのサイズを新たにくわえ、今年も人気ものに
なりそうな予感。ガラス工房Ezeを主宰する梶原理恵子さんが創るうつわです。


»梶原理恵子 泡リング 片口鉢
»梶原理恵子 泡リング 片口鉢(小)




窓を開けて

原光弘

いっきに葉っぱがそろった桜の木と合わせたように、草木の緑が力強くなってきました。窓を開けて外の空気を
取り入れたくなるような気候です。こんな季節には、やっぱりガラスのうつわが似合います。ガラスの素材感を
活かした小鉢は原光弘さんの作、手づくりらしさが漂います。


»原光弘 四つ葉 小鉢




品揃え充実中

九谷青窯

今週末からのゴールデンウィークに向けて、当店にも、いろいろとうつわが届いています。こちらは九谷青窯
米満麻子さんが創る色絵レモンの木と枝レモンの飯碗。人気のうつわが再登場です。皆様のご来店をお待ちいたしております


»米満麻子 色絵レモンの木 飯碗
»米満麻子 色絵枝レモン 飯碗




素材と技法

山中塗り

天然木の美しい木目と職人が丁寧に仕上げた木地の完成度を大切にし、透明感のある拭漆という技法で仕上げた
山中塗りの汁碗。カジュアルにふだん使いしたい逸品です。


»紅けやき 汁碗
»黒けやき 汁碗




テッパンもの

九谷青窯

徳永遊心さんに創ってもらった角皿、みかんと黒い実散し。縦横12.5cmというサイズは使いやすくて、
絵柄もはえるバランスのいいサイズ。数に限りがある特別注文のうつわなので、お見逃しなく。テッパンものの
おすすめです。


»徳永遊心 みかん 角皿
»徳永遊心 黒い実散し 角皿




いろいろあります

九谷青窯

色絵小紫式部と名付けられたうつわは、九谷青窯 高祥吾さんの作。イマドキの生活空間にフィットする明るく
カジュアルな雰囲気でいろんなアイテムが創られている。こちらは丼と飯椀の大小、夫婦茶碗なんて言葉は
似合わないけれど、カップルで使うのも良さそうです。


»高祥吾 色絵小紫式部 丼
»高祥吾 色絵小紫式部 飯碗(大)
»高祥吾 色絵小紫式部 飯碗(小)




光に映える

西郷匡史

木々の緑が勢いづき、日差しもだんだんと強くなってきました。春というよりも初夏を思わせるような日には、
光に映えるガラスのうつわが似合います。こちらは西郷匡史さんが創る渕白4寸反り鉢。シンプルな形にひか
れた渕の白いラインが食材を引き立てます。


»西郷匡史 渕白 4寸反り鉢




異形のうつわ

高橋順子

使うことが楽しみになりそうなのが異形のうつわ。おにぎり型や五角形、小さくても、しっかり存在感を
発揮する。マルや四角が並ぶ食卓のアクセントになってくれるので、雰囲気が変わります。

»高橋順子 タツノオトシゴ おにぎり型小皿
»高橋順子 鳥 おにぎり型小皿
»高橋順子 豆 おにぎり型小皿
»高橋順子 木のみ 角小皿
»高橋順子 渕飾り 角小皿




刷毛目の魅力

大原拓也

白い化粧土を刷毛で塗って仕上げた9寸皿。濃淡のあるかすれ感じは、躍動感を感じさせる作家モノならではの
魅力を漂わせている。大皿として使ったり、ワンプレートとして料理をアソートしてみたり、同じ刷毛目の
長小皿といっしょに使うのもいいですね。


»大原拓也 刷毛目 9寸皿
»大原拓也 刷毛目タタラ 長小皿




ぼてふり

樋山真弓

てんびん棒をかついで魚屋野菜を売る「棒手振り」を絵柄にした猪口、ぼてふりは樋山真弓さんの作。うつわを
ぐるりと回してみると道すがらの様子が描かれている、遊び心あふれるうつわです。蕎麦やお茶を容れるもよし
グイとお酒を飲むのもよし、お好みでお使い下さい。


»樋山真弓 ぼてふり 猪口




季節の題材

高橋順子

昨日ご紹介した高橋順子さんのうつわとともに、カワイイ箸置もたくさん届いています。カエル、カタツムリ、
金魚は季語にもなりそうな旬のアイテム。小さくても食卓に季節感を届けてくれます。


»高橋順子 箸置き かえる
»高橋順子 箸置き 金魚
»高橋順子 箸置き かたつむり




藍と呉須

高橋順子

神奈川で作陶する高橋順子さんのうつわが久々に届きました。染付の藍色と呉須の色がバランスよくまとまった
小皿は、時間をかけて描かれたとおもわれる、ていねいな絵付け。声高に存在感を主張するわけではないけれど
存在感のあるうつわです。


»高橋順子 鹿 変形小皿
»高橋順子 うさぎ 変形小皿




陽射しの中で

粉苔玉

強くなってきた陽射しが心地よく感じられるこのごろ、ゴールデンウィークが待ち遠しくなってきました。
桜の開花から始まって、いろんな花が咲く季節。暮らしの中に草花があると、なんとなく心に余裕ができて
くるような気がします。当店にもお花の苔玉が入荷しています。皆様のご来店をお待ちいたして おります。



花、鳥、蝶

中町いずみ

わずか9cm径の豆鉢にていねいに描かれた花、鳥、蝶。ほんわかとした雰囲気は、うらうらした春の天気に似合いそう。作家さんの器づくりの想いが伝わってくるようなうつわです。


»中町いずみ 朱巻赤絵花鳥 豆鉢




春を楽しむ

樋山真弓

今日も朝から暖かく最高気温も23℃の予想、こうなってくるといっきに衣替えの気分。食卓にも菜の花や
タケノコなど、春らしいメニューを取りれたくなります。そんなときには花唐草と名付けられた小鉢、
暖かくなった日差しに似合いそうなうつわです。


»樋山真弓 花唐草 黄 平小鉢
»樋山真弓 花唐草 赤 平小鉢




和様をとわず

SHOP HOME

うつわ大福 ホームページへ

うつわ大福 スタッフブログ 日々のおすすめを、器と共に更新しています。

イタリアで人気のブランド「giaretti」のクックウェア

ご案内

店舗について

〒107-0062 東京都港区南青山3-8-5 デルックス南青山1F
営業時間 11:00-19:00 (火曜定休)

RPEE online shopへ

Top